<< 豆から始まる連携プレー | main | 高い順応能力 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2012.07.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

クールビズを考える…

クールビズ

…ハッキリ言ってかなり無縁です。
…というか、仕事中は作業着や白衣に着替えているからなおさらスーツを必要としないですからね。

クールビズであろうが、なんであろうが、マイスタイルを持っています。
それは、通勤時間だけスーツだから言えることなのかもしれませんが…。
出社時はスーツ&ネクタイスタイル。
退社時はスーツのみ(ネクタイは必ず外す)。
これには、自分なりの意味があって、帰りは『ネクタイなし』で

仕事終わりッ!

って雰囲気を持ちたいなと…。
つまりは、一年中退社時はクールビズです。

んでです、クールビズですが、他の社員の人たちも好き勝手な格好して来ます。
部長は「破れたジーパン履いて来ないように、節度を持った服装を…」とおっしゃいますが、まぁ〜あまり効果はないようです。
ボロボロのデニムで来る人もいます。
夏場はハーフパンツもいます。
普段からそんな状況なので、雰囲気的にもクールビズってかなり無縁です。

そもそも疑問なのですが、クールビズって効果あるんですか?
アレって少しでも涼しい格好で室温設定下げましょうってことらしいですが、ホントなんでしょうかね?
なんか、経済効果はバッチリな印象ありますが、環境効果はあったんでしょうかね?

そんでもって、クールビズって海外ではどうなってんですかね?
「エスカレータは片側空ける」みたいな日本オンリーのローカルスタイルだったら、ミョウチクリンですよね。
スーツ伝統国でも何でもないのに…。

なんか、ビミョ〜ですよね。


スポンサーサイト


  • 2012.07.09 Monday
  • -
  • 08:31
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座